スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

か、かわいい・・・

鈴木です^^
何かとばたばたとしてしまい、コメントに対するお返事もさせていただいてない現状、申し訳ありません・・・


我が家に猫屋敷の猫が4匹やってきております^^
まぁ、期間限定預かりママさんさせてもらってます♪

去勢・ワクチンも済み、コクシのお薬も嫌がらずになんとか飲んでくれてます♪
でもね・・・
トイレを寝床代わりにするのはやめてほしい^^;
長毛なので、余計トイレ砂が絡んでしまうのよ~・・・
それでも、めっちゃ可愛いです^^
みんなおっとりしてて、たまぁに「にゃぁ~」なんて呼ばれた日には、「どうしたの?」なんて我が家のにゃんこをさしおいて可愛がってしまうほど可愛いです♪

3段ケージの登り方がわからないのか、みんな窮屈そうに寝てたのですが、一匹わかったみたいで二段目までは上がってくつろいでおります^^

IMG_2751.jpg
IMG_2750.jpg
IMG_2752.jpg
IMG_2753.jpg
IMG_2754.jpg

スポンサーサイト

支援金へのお礼

みなさまからの支援金・支援物資のおかげで、現場は大きく進展しております。
ご飯の管理を朝はメンバーの鈴木さんが、そして夕方を今回ボランティアとして参加してくださっているSさんが友人と共にやっていてくれます。
トイレも、支援物資のトイレ・猫砂を使わせていただくことにより、臭さもなくなり(従来の染み付いた臭いはなくなっておりませんが)猫たちも前に比べれば、快適なトイレで用を足すことができております。
ぶたまるさんの猫シェルターとは天と地ほどの差がある環境の中、それでも猫らしい生活に近づいているとは思います。

前回、報告させていただいてから、支援金・支援物資をたくさんいただき、お礼とともに報告をさせていただきます。

支援金
9月17日  H・Nさま  5,000円
   18日  M・Eさま  2,000円
        H・Sさま 10,000円
        K・Hさま  3,000円
        A・Iさま  10,000円
   19日  H・Tさま 30,000円
   20日  M・Iさま   1,000円
   22日  T・Kさま  6,000円
   24日  R・Mさま  4,000円
      飼い主より  10,000円
        K さま   20,000円
        M・Yさま  7,000円
   25日  T・Nさま  5,000円
        H・Nさま  2,000円
        N・Tさま  5,000円
        M・Yさま  3,000円
   28日   I・Tさま 20,000円

個人預かりとして Nさまより10,000円

やっと、雄猫の預かり先も決まり、昨日より去勢・ワクチン・コクシジウムの治療を始めさせていただきました。
皆様からの支援金のおかげでなんとか、いま現場にいる雄猫たちの治療を済ませ、預かりさんの下に連れて行くことができます。
本当にありがとうございます。

支援金をくださった方の中には、ご自分が猫保護活動をしようとして、貯めていた貯金を取り崩しての援助、お身体が悪く少ない収入の中から「猫たちのために少しですが」と、支援していただいたという話も聞かせていただいております。
どのお金も物資も、猫たちのために暖かい気持ちと共に、援助してくださったものばかりです。

今回、ぶたまるさんには「にゃんことバーベキュー」のプログをみていただければわかるように後方支援という形で、預かりだけではなく「広報」「支援」をやっていただけ、資金面など本当に助かっております。
また、預かりを引き受けていただいている「パウエイド」さんは、預かっていただいた猫にかかる費用を全部引き受けていただいております。
1匹にどれだけのお金が掛かるかわからない状態で「丸投げ」をさせていただいております。
今回の雄猫の預かりさんの中にも「丸投げでいいよ~」と、言ってくださり、こちらの金額的負担を補助していただいております。
「丸投げ」=猫たちに掛かるであろう費用を、他の子に回すことができます。
預かりさんの皆様には、本当に貴重な時間を割いての猫の健康ケア、ありがとうございます。
多くの方々の支援のおかげで、私が最初見た「どうしようもなく悲しく、腹立たしい場所」から、猫たちを出すことができそうです。

現在はまだ支出報告ができず申し訳ありません。
しかし、この貴重なお金は1円たりとも無駄に使うことはいたしません。
猫たちのために、使わせていただいております。
雄の猫たちの去勢が全部終わった時点で支出報告をさせていただきたく、今しばらく報告の遅れをお許しください。

直接猫たちの物資だけでなく、フリーマーケット用の品々の支援も頂いております。

今回は、10月3日に各務原市にあるペット霊園「愛の森」にてこの猫たちの里親探しとフリーマーケット(A.M10:30~P.M4:00頃)・翌日10月4日にはナゴヤハウジングセンター春日井会場にて里親探しとフリーマーケット(A.M10:00~P.M4:00頃)を予定しております。


猫たちのために寄付していただいた品をお金に換え、治療費等に使わせていただきます。

報告!

毎日が飛ぶように感じている武藤です。
金曜日から日曜の深夜まで、ぶたまるさん猫シェルターに泊り込みに行っていたため、プログを見ることも触ることもできず、あちらの報告をするにもカメラを持っていくのを忘れ・・・文字のみの報告になります。すみません~~~。

ぶたまるさん猫シェルターの話は明日にさせてもらい、
まずは!大事な報告を!!

現在、雌猫17匹をぶたまるさんシェルターにて預かっていただいております、中には里親さんも決まった猫たちも少しですが出てきています。
一刻も早くあの現場から出してやりたい!と、気をもんでいた雄猫たちも、預かりさんがほぼ決まりました!!
預かりさんの下で、健康を取り戻させることができます。

またまた、お詫びになりますが
皆さんからの支援の報告が、すぐにできず申し訳ありません。
雄の猫たちを、預かりさんの下に届ける手配がすみしだい、報告をさせていただきます。

猫たちは、これから預かりさんの所で健康を取り戻していきます。
しかし、過酷な環境の中で生きてきた猫たちです。
この現状を理解していただき、それでも、いい!と言っていただけ、家族の一員に迎え入れていただける里親様、どうか・・・この猫たちに人のぬくもりを与えてやってください。


*************************************
支援物資
K.Mさま ケージ  K.I さま ケージ  S.Yさま 猫缶・パウチ


ありがとうございました★


*************************************







ネコの様子~

鈴木です
ここ最近の猫の様子です^^
あまり変わりがありませんが・・・

今までは新聞広告をしいたトイレで用を足してたため、しばらくは猫砂になれておらず・・・
ほかの場所でしてたことも

今では、猫砂になれて、きちんとトイレできてます
どのおうちに行っても大丈夫だろうと思います

ただ、以下の記事のように一匹コクシジウムが出た=ほかの子にも移っていると見たほうがいい。
全頭、しばらくはコクシジウム駆除の薬を飲ませなくてはいけません。

一匹でもいいので、里親もしくは預かりさんを切望いたします。


Img_2664.jpg
Img_2651.jpg
Img_2650.jpg
IMG_2612.jpg
Img_2634.jpg
Img_2659.jpg

知っていただきたい事

今回、ぶたまるさんのプログを見ていただいた方は、今この猫たちがどのような状況なのか?コクシジウムに感染してて大丈夫なのか!?と、ご心配していただいていることでしょう。
無知な私も「コクシにかかっているんだ!」と、聞かされたとき
えぇ!?どうなちゃうんだ~~・・・と、うろたえました。

「コクシジウム症とは、コクシジウムという原虫が体内に寄生し、様々な要因とともに、発症することを言います。この原虫は肉眼で見る事はできません。
コクシジウム症のほとんどが混合感染で、感染しただけでは発症せず、その他の要因(ストレスなど)がきっかけとなり発症します。また、健康体に感染した場合は発症せず、容態の悪化によって、発生率が高くなり、早急な対応が必要となります。
コクシジウムと一言で言っても実にいろいろな種類がおります(約30種類の属)。原生生物で、脊椎動物の消化器官に寄生する性質を持っており、下痢などの症状を引き起こします」
早速、調べました・・・・
そして、ベテラン猫ボランティアさんに、おろおろと話すと

「別に、珍しい病気じゃないよ」
「薬の投与が、ちょっと長いけど。10日から2週間はかかるけどね」
と、言われ・・・

ネットにて、またまた調べましたところ、いろんな質問コーナーに

「ちなみに、ご存じかもしれませんがコクシジウムの卵はスグには感染
力を持ちません。
なので、ウンチをすぐに片付けるなどを徹底してればある程度は大丈夫
だとは思います。
また、熱湯消毒が効果があるので一度子猫ちゃんの使ってるトイレを
消毒してあげると良いと思います(エタノール系の消毒は効果がない
そうです)
あと、人間には感染はしないのでその辺はご安心を。」
・・と、よく書かれておりました。

確かに、日にちはかかりそうですが、ちゃんと治療すれば治る病気のようです。

それと、私が気になっていたのは、ぶたまるさんが言っている

「俺のはまた違う奴で、ジアルジア症に・・・・俺も治療してもらった・・・^^;

どうやらこの猫達はコクシジウム以外にも付いているらしい・・・・もうないだろうな・・・?」

・・・・ジアルジア症・・・どういった病気なのかは、各自調べていただくとして(説明が多く、長くなるので)
これが、今回の猫たちに「あるか・どうか?」が問題であるので、
3匹を預かっていただいてる方に頼み、検査してもらった。

結果は・・・・

「コクシジウムには感染してますが、それだけですね。他はないようです。」

とのことでした。とりあえず、ほっ!と、しました。

しかし猫たちは、コクシジウムには感染してるのは確かなので、全体の治療は必要です
去勢・避妊、ワクチン接種に加え、コクシジウムの治療対策をしなくては・・・

お願いです。
何度も、書かせていただいておりますが、
「猫たちを猫らしく生きさせてやりたい!」
猫らしく・・・その猫に注いでもらえる愛情ある家庭だと思います。

そのためには、この子達を迎え入れてもらう家庭がないとだめです。

コクシジウムが完治しても、行き先がなければ・・・
いえ、その前に治療していただける場所がなければ!

現場では当然無理です!!
猫シェルターにても、猫1匹1匹のケアは難しいです。
どうか、この状態を理解の上、里親さん、預かりさんをお願いしたいです。
愛情をもってみていただければ、コクシジウムなんて怖くないです。

<「里親さん」・もしくは「預かりさん」募集!>


幸せにしたい

こんどは身体が五つくらいほしくなっている武藤です。
(要領が悪いせいもあるんですが・・・・・。)

鈴木さん・ボランティアさんの日々の食事の管理、トイレの掃除によるストレスの改善により、猫たちの健康状態も改善されてきたように思います(まだまだ、痩せており毛並みもボサボサではありますが)
しかし、下痢や嘔吐もほとんどなくなりつつありますし、当初に比べ猫たちの空腹と排便の際のトイレの汚さによるストレスはなくなり、猫独特のまったり状態は確保されていると思います。
しかし、広報を担当していただいている「ぶたまるさん」のプログにありますように、コクシジウムにかかっている猫がみつかり、その治療をどうするかが問題となっております。
ぶたまるさんの猫シェルターにはすでに17匹(メス15匹・オス2匹)が行っており、あちらでのボランティアさんによるケアは進んではおりますが、やはり人より猫のほうが多く、すべての猫に注意がいくのは難しいでしょう。
現地においての治療は不可能に近いため、一刻も早くあの場所から出したいと思っております。
猫シェルターに移動するにも、治療のできてないオスの猫を隔離するケージも足りません。
お願いばかりで誠に申し訳ありません。

お願いでございます!

猫たちの預かりさん(里親さん)募集

現在ご自宅にて使っていないケージがありましたら、
お借りしたいです(猫シェルター用)
移動しても、猫たちの居場所がありません


逕サ蜒・140_convert_20090924012723

逕サ蜒・068_convert_20090924013936

体調にも変化が

鈴木です^^
ここ最近の猫の変化です
見た目の変化だけではなく・・・
体の変化も

今まであまりもらってなかったからか、最近は戻したり下痢をしてたのですが、
ここ最近は健康的なう○ちだし、戻してはいないよう♪
相変わらず、痩せているのですが、急には太れないだろうし、だんだん体力をつけていってくれればなぁなんて思っております♪

ボスも、のんびりゆったりとしてて、今までは飢えていたため、何かにつけて棚からガラスに飛んでいたのですが、そんなこともなく、私が行ってもちらっと見てまた寝る・・・そんな風景が見受けられました。

これからもっと体力や脂肪をつけて、今以上に可愛くなりますように。。。


まだまだ里親様・ボランティア様、預かり様を募集しております。
預かり様が本当に不足している状態です・・・
あの現場から助けてやりたいと思っておりますので、一匹でもいい・・・是非見ていただける方はいらっしゃいませんか?
お問い合わせは、メールフォームからお願いします。

お礼と報告(2)

9月19日(土)各務原・一宮の2箇所にて、猫たちの里親さん探しのため、他の団体さん譲渡会に参加させていただきました。
私(武藤)は各務原の方にて、活動をさせていただきました。
前もって、主催者側の団体さんにより、今回のSOS関係を宣伝していただいたおかげで、支援物資と10月3日に予定しております「フリーマーケット」の品々を、沢山頂きました。
わざわざ会場まで支援物資を持ってきていただいた皆様、誠にありがとうございました。
目的であった「里親さん探し」は、対象となる猫達を会場に連れてくることができず、お話がまとまることはありませんでしたが、暖かい言葉の支援をいただき、次こそはがんばるぞ!と、気合をいれさせてもらいました。
みなさま、ありがとうございました。
ネットを通じて、呼びかけをしていてくださるみなさま、本当にありがとうございます。
会場


物資支援していただいた方を紹介させていただきます。
(皆様に、お名前を記載させてもいいとの了解を得ております)

鶴岡さま  キャットフード
花岡さま  猫砂
大野さま  キャットフード(カリカリと猫缶他)
平林さま  猫缶
江上 洋子さま  キャットフード・猫砂
森本さま  トイレ3個・猫砂・キャットフード
沢井さま  猫餌・その他猫用品
清水さま  キャットフード
加納 勝さま・とし子さま  フリーマーケット用品多数
今井さま  猫用品その他
川村さま  寄付金
澤田さま  キャットフード
「ここあ」さま  キャットフード
静谷さま  キャットフード
Y・Hさま  キャットミルク
「目黒」さま
関 和雄さま
酒井さま  寄付金
    
この他にも、支援をいただいておりますが、名前を載せないでとのことでありました。会場にての対応など、至らぬことがあったことお詫びいたします。


現場の状況のお知らせです
現在、数人のボランティアさんの参加もあり、スタッフの鈴木さんも時間を割き、現場にて餌の手配・トイレ掃除をしております。
ぶたまるさんプログにて「行方不明の猫がいる!」との話がありましたが、9月18日にて、どこに隠れていたのか・・・私が一人残り、部屋でリボンにつけた番号を確認していると、あれほど他のメンバーと探した時、いなかった猫ちゃん(メスの印リボンをつけたこ)が、普通に横にいました・・・・(-_-;)。
お騒がせして申し訳ありませんでした。そこの住人に「30匹部屋から、その雌猫は出しておいて」と指示をし、早急に預かり先への移動をすることにします。

30匹部屋のオスの子達は、本当にかわいいです・・・
いなくなったメス猫を探すため、部屋で写真とナンバーの書いた紙を広げ作業をしている間中、側にまとわりつき頭をすりよせてきます。
オス猫1
オス猫2

一日もはやく、この猫達に・・・その子だけを撫でてくれる人の手を・・・優しく迎え入れてくれる家庭を・・・みつけたいとおもいます。
支援していただいてる方々への連絡にも不手際が多く、ご迷惑をおかけしております。でも、この猫達を幸せにしたい気持ちは偽っておりません。
どうか、今後も応援よろしくお願いいたします。
まったり

お礼 と ご報告

大変遅くなってしまい申し訳ありません。
今回のことは、まったく経験もなく、不慣れな私(武藤)が中心になって、事を進めているため、いろいろ不手際がおきてしまいました。
支援していただいているみなさまに、お知らせするべきことが遅くなり、まことに申し訳ありません。

9月16日までにご支援いただいた方を紹介させていただきます。
本来なら、お一人ずつにお礼を言わねばならないところ
ここにてのお礼、お許しください。

寄付金
N・Oさま 10,000円 M・Sさま 50,000円 N・Sさま  3,000円
T・Kさま  3,000円 M・Hさま 10,000円 K・Sさま 20,000円
N・Tさま 10,000円 M・I さま  3,000円 S・Hさま  2,000円
H・Yさま  2,000円 M・Hさま 10,000円 M・Sさま  1,000円
N・Nさま  5,000円 H・Yさま 20,000円 N・Mさま 20,000円
K・I さま  3,000円 H・Rさま  8,000円 T・Mさま 10,000円
N・Kさま 10,000円 S・Nさま  1,000円 T・Kさま  5,000円
N・Mさま 20,000円 シュミジンクラブさま 5,000円
Y・Nさま  20,000円

支援物資
K・Kさま  キャットフード・猫用品
J・Bさま  キャットフード
S・Iさま  キャットフード
N・Yさま  猫缶
T・Hさま  キャットフード
K・Mさま  キャットフード
M・Mさま  キャットフード
S・Aさま  キャットフード
K・I さま  キャットフード
K・Yさま  ペット用品・キャットフード
M・Hさま  キャットフード
M・Hさま  キャットフード
A・Nさま  キャットフード
Y・Tさま  キャットフード

支援していただいた方の名前を、イニシャルとさせていただきましたが、
お名前を公表してもいいようでしたら、ご面倒ですがメールをいただくとありがたいです。

もし、送っていただいたのにお名前がないようでしたら一報、お願いいたします。
不慣れなため、ご迷惑をおかけしていることと思います。
申し訳ありません。

支援金は、猫たちの医療費等に当てさせていただいております。
支援物資は、痩せていた猫たちが、満腹に食べれるよう
そして、汚かった新聞紙のトイレではなく、
気持ちのいい綺麗な砂のトイレで、お尻を汚すことがなく。

皆様の支援、ありがとうございます!


嬉しい変化

餌やり部隊?の鈴木です。
昨日から本格的に餌やりに通い妻しているのですが(苦笑)、一番最初に猫’sを見に行ったときと態度が明らかに違う・・・

19匹の猫のお部屋、かまって~なでて~と寄ってくると言うのは聞いていたのですが、のんびりまったり本来の「猫」の姿が見れました♪
ただ、やっぱり匂いだけは変わらず・・・
IMG_2546.jpg
IMG_2548.jpg
IMG_2553.jpg
IMG_2554.jpg

一匹だけ別室のボス。
今まで一緒にいた女の子たちがいなくなり、環境の変化からか、すっかり餌も食べなくなって・・・
と聞いていた。
「缶詰好きなんやけど、缶詰も魚もなぁんにも食べない」とおばさんから聞いていたので、
だめもとでマグロ&しらすの缶詰を与えることに。

IMG_2568.jpg
IMG_2560.jpg

缶を開けた瞬間から近くにやってきて、喜んで食べてくれた!!
一安心♪
しかも、以前は冷蔵庫の上に乗ったり隠れたりしてたのに、今日は近くに来てなでさせてくれた♪
ようやく「いつも見る顔」として認識してくれたのか、「何にもしない人・ご飯くれる人」と認めてもらえたのかなぁ・・・なんて思っております。

************************************************************************

9.14日にメールアドレスを入れていただいた美濃加茂のWさん、メールが戻ってきてしまいます。
お手数なのですが、メールフォームから再度アドレスを入れてメールいただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

************************************************************************








岐阜のボランティアさん

写真をいつも撮り忘れる、ボケの武藤です
(カメラマン募集かも(-_-;))

今日は新しく岐阜の現場にて活動をしていただける方に
ご飯とトイレ掃除をやっていただくため、
説明をしながらの活動でした。
臭く、汚い…普通だったら嫌がることを、文句も言わずやっていただけ
とても、嬉しく思います。
30匹部屋の猫たちも、いまでは19匹に・・・
しかし臭いは、あの時のままです。
毎日行っている私は馴れてきていますが(それでも臭い)
初めての方には、かなり息苦しかったでしょう。

主はいました・・・しかし、3日前の修羅場は
何もなかったかのような態度で・・・

この老夫婦の気持ちが理解できません。
猫は「かわいい」みたいです・・・
しかし、それは小さな子供が、
目新しい玩具を愛しむ感覚なのでしょうか?

そうかと思うと今日は30匹部屋の猫たちにと
秋刀魚を焼いて、与えようとしてました・・・・・

無知  ?? 非常識  ???
  
猫達のことを除けば、この夫婦は気の毒な
ただ年老いた人なのでしょうか?

しかし、どう話していけば
今の現状を理解してもらえるのでしょう

猫たちは、これから自分がどこにいくか・・・
             知りません
幸せに、「猫の幸せ」を・・・
この子達の人生にもたらしたいです
見た目はフカフカ
逕サ蜒・017_convert_20090917012402

報告

猫には迷惑な車にて移動をしている武藤です・・・
今日は、オスの子3匹をTさん宅にお届けでした。

明日、獣医さんにて健康状態をみていただき、
できるようでしたら去勢の手術をして預かりさんのところに行く猫です。

30匹部屋の男の子は、みんな甘えっ子です。
今日は、岐阜のお手伝いのボランティアさんと、残りの猫たちの確認をしながら、3匹保護。
みんな・・・かわいい子達です。リボンを付け替える作業でしたが、
頭・撫でろ~ウリウリしろ~と、邪魔されました(^。^;)

・・・・・・・なんで、こんないい子達を・・・・また、泣けてきました。

きっと、このぎゅうぎゅうに詰め込まれた部屋に入れられる前には、
かわいがってもらった時期があったのでしょうね・・・・・・
そう、思うとよけい悲しくなってきます。
どの子も、とっても人の愛情に飢えています。

保護する子に迷い、キャリーの入り口を開け、
入った子にしようと決めました。
(選べません・・・早く、みんな出してやりたいです。)


出してあげるには、まずは名古屋での猫シェルターのボランティアさんが必要です
岐阜においては、現在3名の方がお手伝いしてもらえるようになりました。
現地にての餌の指導、トイレなどはなんとかなりそうです。
しかし、預かり先に人手が足りず、今はオスの猫たちまで出せる余裕がありません
1週間に1度でもかまいません。
多くの方が来ていただければ、オスの猫達を今居る場所から
猫として生活できる場所に移動できます。
痩せて、毛玉のぐしゃぐしゃの猫達。
ふっくらとした、ふわふわの毛にして、一刻もはやく
その子たちを迎えてくれる里親さんを探したいです。



選ぶこともなく、あっさりとキャリーに入る猫達、
遊び場所とでも、思ったのかしら。
しかし、キャリーを閉めると、大暴れ(当然ですよね)
この部屋にいる猫にとって、キャリーに入るのも、
この部屋から出るのも…生まれて初めてでしょう。

・・・・そして、Tさん宅には「臭いニャンコ」お届けでした(-_-;)
仕方ないよね
・・・長い時間狭いキャリーの中だし、うん○出ちゃうのも。



ここからは個人的なことで、
お知らせさせていただいております「ねこさま王国」の事件ですが
「りーちゃん」の生存は確認できたものの、
15日昼の時点では保護が出来ておりませんでした。
ねこさま王国の代表の方からの電話では、

7・8メートルの崖の上。
それも崩れやすい場所・・・・・そのうえ!熊が出るような山の中!!
そして、リーちゃんは飼い主さんにしか、気を許してない猫ちゃん。

飼い主さん自ら、その崖を登る決意だと!

・・・その気持ち、わかります。
自分だって、家の猫がそんな目にあってたら、やります!
しかし、怒れて仕方ないのわ!!そんな山に捨てたヤツ!!!
申し訳ありません、感情を抑えきれずに。

今回の多頭飼崩壊も人の勝手によって、起こった事態です。
そして、福井の事件も人の勝手によって起こったことです。
人が起こした事、それを人である私たちが、償う。
釈然としないものはありますが、
みなさんの協力、支援はなくてはならないものです。
54匹+3匹の赤ちゃん猫・そして福井での活動
どうか、ご協力お願いいたします。

猫達の画像

鈴木です。

もう10日ほど前の写真になりますが。。。
猫の画像です。

54匹なのに、なんで45番までしかいないのか・・・
残りの9匹については、写真を撮る以前に移動させていた子猫等で、手元に写真を残していませんでした。
後日、追ってまた写真を載せます。
どんな子がいるのだろうと、楽しみにしていらした方、遅くなって申し訳ありませんでした。

123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142434445

報告とお願い

励ましのお言葉、多くの応援物資、寄付、誠にありがとうございます。
本来なら、収支報告、支援物資報告を、
プログにて出させていただかなければいけません。
しかし私の采配のなさから、なかなか整理して報告をだすことができず、
誠に申し訳ありません。
近日中には、整理し報告させていただきます。
支援していただいた方々、すみません。
頂いた餌・トイレ・トイレ砂などは、猫たちのため使わせていただいております。

現在の活動の報告をさせていただきます。

54匹中、9匹の子猫たちは、現状を知ってからすぐに6匹、9月の5日にての現場での作業時に3匹、あの場所から保護いたしました。
いまは、Tさん宅にてケアを進めております。(栄養不足のため、栄養価の高い食事を与え、しかし最初は点滴するなど、獣医での治療もありました)

45匹の成猫たちは、メス猫17匹(その中に、♂の猫ちゃん2匹混じってましたが・・・)がぶたまるさんのお宅にて、そして5匹は、Tさんを通じ預かっていただけたボランティアさんのお宅でケア中です。
本当にありがたいことです。
オスとメスを間違って区別してしまいましたが、30匹以上もいる部屋にて、我々3人も臭いに参っていたこと、あと発育が悪く毛玉がひどいせいもあり、選別を誤ってしまってました。申し訳ありません。

残りは、オス猫22匹・と・メス猫1匹・・・ぜんぶ雌猫を出したつもりでしたが、最初こちらで確認したメス猫は23匹・・・
17+5=22・・・・後、1匹足りない計算になります(‥;)。
明日、私と今回お手伝いに参加していただけることになった方にて、再度猫たちの確認をしてまいります。
少なくなった部屋で
メスの猫のいなくなった部屋で・・・
オスも出したい!


そして、これは個人的なお願いです・・・

今回、オス猫の預かりを了承していただいてた方に、福井の方がおりました。
ご存知の方も多いと思いますが2006年の「子猫成猫80匹SOS」というプログにて
80匹(正確には94匹だったと聞いております)の猫たちの保護をされた方です。
途方にくれた私が最初に行ったのは、その方に「どうやったか?」を聞くことでした。

すぐに連絡を返してくださり、いろいろ教えていただき、今回も自分たちも保護猫でいっぱいの中、手配をしていただき4匹の猫達を預かってもらう予定でした。
ところが、そのかたの大事な猫ちゃんに事件が!
「ねこさま王国」のこの記事をみてください。

遠く、離れていても猫を愛する気持ちは変わりません。
もし、福井にて協力できる方がおられましたら、どうか!力を貸してあげてください。

この事件は、単なる「個人の猫がいなくなった!」と、いうことではなく
その、いなくなりかたに問題が大きいと思います。
「ねこさま王国」のありこさんの気持ちも、大事な猫たちと暮らしている私には、わかります。
いえ!きっとこのプログを見てくださり、SOSを支援してくださっている方には、痛いほどわかると思います。

私がいま、この猫たちの保護に頑張れるのは「全部の猫達を幸せに!」という思いです。
どうか、その意思をお察しくださり、ご協力をお願いいたします。
                                       武藤

猫の移動

子猫が、生まれてしまう・・・
緊急事態である。
昨夜、ぶたまるさんより子猫が2匹生まれてしまったとの連絡を受け
本日、仲間のWさんと一緒に、現場から残りのメス猫を捕獲し、
ぶたまるさんに開放していただいた猫シェルターへの移動を実行。
昨日の捕獲時に、お腹の大きい雌猫を見た・・・
その猫は、現場の主が溺愛している雌猫である。
案の定、主とは修羅場を迎えることとなった。

「おじさん!全部の子をここから出して、避妊・去勢しないとだめなの!」
「この子は、もう子供が生まれそうだから、急がないとだめなの!!」
「ここでは、子猫が生まれても、死んでしまうのよ」

必死で、説得するWさんと私・・・・

主「なぜこのこを連れて行くんだ!ここで、子供を産ませればいいんだ」
 「他の子を連れて行けばいいじゃないか!」
 「さくら(この猫の名前です)は、いかん!!!」
・・・・と、叫ぶ。

Wさんが、さっとキャリーに入れたら、そのキャリーを殴った!
W「おじさん!猫が怯えるから、やめて!」

泣き叫ぶ主に、必死にこの子達全部を助けたい・・・と訴えた。
「さくらも、幸せにしたい。でも他の54匹全部も幸せにしたいの!」
「この子達、全部を助けるためだから!
この子だけ、置いていくわけにはいかないの!
ここでは、赤ちゃんはだめなの!!・・・」

そんな問答を、暫くの間続け・・やっと主は泣きながら、諦めた・・・・

泣けてきた・・・・
この子はかわいい・・・子猫は、かわいい・・・・
そんな、無責任な愛情のおかげで、
この猫たち54匹は、殺されたかもしれないのだ・・・・


疲れ果て、昼過ぎにぶたまるさん宅に到着。
そこには、猫たちを迎え入れる、すばらしい部屋が待っていた。


猫シェルター・・広いのよ(^。^;)

猫シェルター


広いお部屋なのに、キャリーの中(-_-;)

画像 (2)108

やっぱり猫は、箱の中かな?

画像 (2)105

手術後のモカちゃん(玄関の高級マットが( ;^^)ヘ..)

画像 097-1

新しい場所に、ちょっと戸惑う姉妹(たぶん・・・姉妹だと思う)

画像 104

昨夜、子猫を出産したバニラ・・・
オッパイも出ず、子育てもしない・・・
いままでの環境がひどすぎる

画像 101-1

ぶたまるママに、おしっこをさせてもらう、乳幼児にゃんこ

画像 092

軽い・・・・・

画像 093-1

テーマ : - ジャンル : ペット

身体がみっつくらいほしいです・・・

先ほど、ぶたまるさんから子猫が生まれたという報告をうけ、あせっております。
昨夜、ぶたまるさん宅にて打ち合わせのとき、そのバニラ(ぶたまるさん宅にて命名)のメスねこちゃんを、うりうりしたが・・・お腹もそんなに大きくなく、まさか!?のできごとであります。
しかし、こうなったら急ぐしかありません。
日曜日には、すべての雌猫を、ぶたまるさんの好意に甘え、移動させます。
・・・・・・・あかちゃんがいることは、うすうす感じておりました。
四畳半の部屋に、オスメスいっしょに30匹。
子供が出来ないなんて考えられませんからね・・・
生まれてくる命、できることなら大事にしたいです。
しかし、今の現状・・・堕胎をする方向で動いてはおりましたが、生まれてきた命!それを、消すことは・・・・できません。

ちょっと、おばさんは・・・くたばりかけておりましたが、気合をいれなおし、猫の移動にがんばります。

お礼・そしてお詫び

現場の指揮をとらさせていただいております武藤です。

現在、多くの方から支援の申し入れをいただき、ありがとうございます。
こちらの不手際が続き、メールにて連絡くださった方にも、返事がなされてない状態であります。
支援の問い合わせ先は、ただいま「ドリアンぶたまる」さんになってもらっています。


※ 申し訳ありませんが、支援していただける方は、「ドリアンぶたまるさん」のブログのメールフォームにてお願いいたします。 

※ 最初のときにブログに書いていた振込先は、現在は使用していませんので ご注意ください 

皆様にお詫びとともに、これだけは理解していただきたい事があります。 
今回の猫たち保護に関してまして、私・武藤が個人にて、現在・主となって動いてくださっている方々の協力の下、本当に無知のまま始めました。

きっかけは、ある団体からの「20匹の猫をどうしたらいいか?と、保健所から話がきているのだけど、猫みれる?」でした。
状態もわからず、20匹の猫の保護も出来ず、「とにかく現場みてくるわ」・・が、始まりです。

現場に行き、その状態を見たとき・・・

頭の中は 
「 この50匹以上の猫が、殺されてしまう! 」 
「 それは、いやだ!! 」 
その、思いだけでした。

保健所に連れて行けば、100%待っているのは「死」です。

私個人では、どうすることもできず、状態を報告した上で、会としてどうするか?の返事待ち。
しかし、数日たっても指示等の連絡はありませんでした。
このまま会の動きを待っていては、この猫たちは保健所です。
そんなことから、個人にて周りに協力をお願いし(自分の知識がなさすぎですから)動き出しました。

 今は ドリアンぶたまるさんが全面的に協力してくださる事になり、シェルターも開設されました。
 また 多くの人がご支援、ご協力を申し出てくださるようになり、やっと道がみえてきたところです。
いまが、やっとスタートと、いってもいいかもしれません。

ここ2週間・・・プログの更新も遅く、援助していただいた方への、お礼もなかなかできず、まことに申し訳ありません。
いま、私は自分の出来ることを精一杯やっているつもりです。


頭の中は最初と同じ
「猫を死なせたくない!」 
なぜ、人の勝手で本来の 「猫」 としての生活すらさせてもらってない猫たちが、 人間の手によって死なねばなりませんか?
この猫達だけではありません。
人の勝手により、その命を左右させられる・・・
今の世の中には、多くのそういった猫はいます。いま、全部を救うことなどできません。
でも、この目の前の猫たちは、救いたいです。

どうか、そのことをご理解のうえ、ご協力お願いいたします。

お詫びとお知らせ

9月4日よりブログの管理をしております田中です

9月4日以前にメールを送ってくださった方にお詫びとお知らせです


前任者が体調不良により、メールをくださった方々とどのようなやり取りを行ったのか
こちらではまったく把握できていないのが現状です

メールを送ったののにまだ返事が来ていない
どうなっているんだといったことを新たにメールフォームにて
お知らせくだされば幸いです

テーマ : - ジャンル : ペット

今までの場所から出されて戸惑う猫たち

逕サ蜒柔002_convert_20090910024043
逕サ蜒柔010_convert_20090910024151
逕サ蜒柔011_convert_20090910024302



9月7日
メスの猫達を、2回にわけて預かっていただける人のもとに届けました
今日の猫ちゃんは、5日の作業のときに、この子ならOK!
と、思えるおとなしい猫たち
キャリーに入れるのも簡単です
ちょいと抱き上げキャリーの中に
1回目は、3匹をケージに・2匹を大き目のキャリーバッグに
一人の作業でしたが、困ることはなく終了
3匹をいれたケージを車に運ぶのは、重かったけど・・・
お届け前に、獣医さんにて健康診断を
初めて外の世界に出た猫たち
車に乗っての移動も、当然初めて
獣医さんに着くまでの間に・・・
おそそを・・・・・・
(吐いてしまったし、下痢気味○んちも・・)
それも3匹入れたほう・・・・
獣医さんに着き、拭いたけどそこは長毛ねこちゃんの悲しさ
大変でした
ちょっぴり臭い猫ちゃんを預かりさんにお届け

2回目も健康診断はこっちでやるから、いいよ~と
言ってくださった人のところに
今度も、あっさりと3匹ゲージに
そして、また・・・・
相手先に着く前に・・・・・・
またまた、臭い猫ちゃんのお届けでした

初めての外
初めての車
仕方のないことだと思います
猫たちも多くの仲間から引き離されさぞかし不安だったと思います

そして9月8日
雌のこ4匹を保護先にお届け
今回はプログ写真にて見ていただいた
4畳の30匹いれてあったところからの捕獲
昨日とは違い大変でした
捕まえようとすると、威嚇のシャー!
キャリーに入れようとすると、全力で抵抗
昨日の保護の猫は、比較的スペースの(猫密度が少ない)ある場所
今日の猫は30匹の中いままで生存闘争の中を生き抜いてきた猫たちです
女の子だと油断しました
手をざっくり(手袋してたけど)
なんとか4匹だけ捕獲
(一人じゃ無理だな・・と)
今回は臭い猫ちゃんじゃありませんでしたが、
車の中ではキャリーの中で暴れてました
やはり、今の人数ではそろそろ無理です
重複してのお願いになります、お手伝いしていただける方!
どうかお願いいたします


体力に限界を感じてきてる武藤より

テーマ : - ジャンル : ペット

戦力増強

この一週間ほど毎日頑張ってきましたが
実質二人の行動力ではすでに限界となり
記事を書くこともままなりません

今応援してくださっているドリアンぶたまるさんにお願いして
広報と後方支援をしていただけることになりました
昨日まででぶたまるさんところに7匹のねこを預けました
必要によってはもっと預けてもいいとおっしゃっていますが
できればなるべく多くの人に少数ずつ預かっていただける状態に
なればいいねと話合いました

そういうわけで以降詳しいニュースはドリアンぶたまるさんのブログを
見ていただくと知ることができます

http://porkporkpork.blog120.fc2.com/

なので今はメンバーが増えて
今回はチームぶたまるが参戦となりました

テーマ : - ジャンル : ペット

ボランティア募集

実質的に動いているボランティアが2名しかいません

岐阜県近郊の方で手があいていらっしゃるようでしたら
お手伝いして頂けませんでしょうか


おもな活動は猫の運搬、物資の運搬などです
詳しくはお問い合わせいただいた際にお知らせをさせていただきます

どうかよろしくお願いいたします

テーマ : - ジャンル : ペット

9月5日の様子

9月5日に武藤、T、その他1名の計3名が現場に入って
猫たちのお世話をしてきました
その時の様子です

逕サ蜒柔005_convert_20090908220450
逕サ蜒柔069_convert_20090908220348
逕サ蜒柔086_convert_20090908220524
逕サ蜒柔113_convert_20090908220603

テーマ : - ジャンル : ペット

【ご報告】 お詫びとお礼

陣頭指揮を取らせていただいております武藤と申します
少人数にて、活動しているためプログの更新が遅れていること、お詫びいたします
支援物資、寄付金、皆様のご好意は、いっぱい届いております
本来なら、お一人ずつにお礼を申すべきではありますが、
この場にてお礼を言わせていただくこと、お許しください

本当に、ありがとうございます
皆様のあたたかい気持ちの詰まった物資、お金、大事に使わせていただきます

そして、報告です
9月5日土曜日、相手先にて正確な猫の数、雄雌の確認を、メンバー3人にておこないました
正確な数字は54匹、そのうち子猫は9匹(2ヶ月から4ヶ月の子供)45匹は成猫です
雄雌の比率は均等でした
成猫の年齢は、現状はわかりません
トイレの現状が悪いため、指導が必要です
現在は新聞紙にて排尿をさせているため、悪臭がとれません
猫砂にかえさせる手配をします

しかし、最初に私が現場に行ったときと、明らかな違いが!
最初の頃は、一番奥の部屋にいる猫たちは、
閉め切られているガラスの扉を、ガリガリしまくり、ぶつかり合い、
そこの扉は猫が開けないように、ガムテープで止めてありました
・・・その騒ぎの原因は・・空腹であろうと思います
人が近づくと、餌をもらおうと大暴れしてたのです
ところが、今日は・・・ガリガリもなく、猫たちの本来の姿?
まったり横になり、ゴロゴロ
撫でてくれと、手に擦り寄ってくる・・・・

皆様からの支援物資、寄付金により3日前より
ご飯が全体にいきわたり、空腹を抱えることがなくなっていたのです
(よかった・・・)

ありがとうございます!
皆様のおかげです

全部のこの写真を撮りました
可愛くはとれませんでしたが・・・
また、写真等はここにて紹介いたします
プログ管理者も変わり、いろいろご迷惑をおかけしておりますが、
なるべく早く猫たちの状況などをお伝えして行こうと思います

代表 武藤

テーマ : - ジャンル : ペット

お詫びとお知らせ

ブログの管理者が田中にかわりました

至らぬところがあると思いますがご了承願います

テーマ : 里親探し - ジャンル : ペット

里親希望者様へ

里親希望様へ

近親交配の猫たちのため

・個体が小さい
・短命の可能性が高い
・成猫になる位で、腸や膀胱等の臓器などの異常により、突然死するケース

などが考えられます
上記の件をご理解いただきますようお願います

里親希望者様とお話を進めていく上で再度確認させていただきますのでよろしくお願いいたします

テーマ : 里親募集 - ジャンル : ペット

プロフィール

aineko54

Author:aineko54
訪問ありがとうございます!!

行き場のなくなる猫達を助けるため
現在は、武藤、T、鈴木、が主体となって動いております
こちらのブログでは日々のお世話や猫たちの様子を
綴っています。
コメントにお返事ができず、申し訳ありません。

QRコード
QR
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。