スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任って、なんでしょうね?

今回、書いている事は、54匹の猫たちのこととは少し外れます。
でも、猫と人との関係という意味では、外れないと思いますので、載せさせてもらいます。

今回の多頭崩壊の飼い主の話から・・・
いま、私たちのもとにいる猫たちの親は、10年ほど前に、あの飼い主の下に来ました。あるペットショップで売れない雄のチンチラを譲り受けたそうです。
その後、ただでもらっては悪いと、5万でペルシャの子猫をそのペットショップで購入・・・ペットショップからは、避妊とか去勢の注意・説明はいっさい無かったそうです。
そのペットショップは、いまはありません。
偶然ではありますが、10年ほど前、私は友人の関係でそのペットショップに行ったことがあります。
知り合いが、自分の家で犬が飼えなくなり、そこのペットショップに譲ったと・・・
猫ボランティアも、まったくやっておりませんでしたが、何か嫌な気分になりそのペットショップを見に行きました。
入ったとたん・・・臭い。
ワンコの匂いとか、そういうのでなく・・・不衛生だなと感じる臭い。
サークルに入れられて、吼えている犬たちの後ろに、ケージが並んでおり、そこには猫たちもいました。
そこに・・・真っ白な大きなチンチラが、狭いケージに入れられ、ちょこんと居た記憶があります。
もしかしたら、あの猫が・・・と、ふっと・・・
飼い主と適切ではないと思われる人に、簡単に動物を渡したり、売ったりするペットショップ。
何も考えていないのか?と、思われる飼い主。
画像 074
その無責任さが、今回の猫たちを生み出しました。

画像 086
もう・・・こんな暗く、汚く、飢える場所には戻らなくていいんだよ・・・

私たち岐阜を起点に今回活動しているメンバーは、他の保護活動と平行して54匹の猫の保護活動をしております。
今日、メンバーのTさんより、こんな電話を受け…やりきれない気持ちになりました。

【さっき、出かけた時に道端で、中学生くらいの女の子達の側を、子猫がじゃれついてるのを見て、なにか気にかかって話しかけたの。
そうしたら、捨て猫みたいで・・・でも、すごく人なれしているので、その子たちに「家で飼えるの?連れて行ける?」
と、聞くと
「はい。家に連れて帰って、飼えるよう頼んでみます」
と、答えたので
「そう。ならお願いね。おばさんは猫のボランティアしているから、なにか困ったら連絡してね」
と、電話番号を教えて、その場を去ったのだけど・・・
暫くして、その女の子から電話があり
「すみません。やっぱり飼っちゃだめ!って、言われて・・・どうしたら、いいでしょう?」「なら、引き取りに行くから、住所教えてくれる?」
と、話している電話の後ろで、母親の金切り声・・・
母親がいるのならと、電話を代わってもらうと・・・
「あんたが、娘に猫押し付けたの!どういうつもり!猫、もっていってよ!」
・・と、訳のわからない言葉。
猫押し付ける人間が、電話番号を教えていくと、思う!?・・・で、いまから猫を保護に行ってくる】


やさしい気持ちの子供が、子猫を拾い・・家に連れて帰る。
当然、すべての家庭で猫を飼うことができるわけはない。

ただ・・・その時の対処である。

母親は、Tさんの話もちゃんと聞かず、「いまから連れに行くから」と、言っているにも関わらず「今から、娘に捨てさせに行きますから!」と、言い張ったそうだ。
「それなら、さっき居た場所に置いてきて下さい。私が拾いに行きますから!」
と、言って・・Tさんは、猫保護に。
さっき子猫を見かけた場所に着くころには、あたりは薄暗く、(見つかるかな・・)と、周りを見渡すと、3人の中学生が子猫を連れて待っていたそうです。
子供たちのやさしい気持ちを、大人は踏みにじっちゃだめですよね・・・。
飼えないとしても、やらねばならないこと、やれることはあるはずです。

この子猫はTさんが保護し、「ちょっと風邪気味だけど、大丈夫」と、聞いております。

54匹の猫たちの話ではなく、すみません・・・。
しかし、救いたい気持ちは、この猫たちだけではありません。
そして、猫たちに対する人間の責任。
人の気持ち一つで、消えていくかもしれない命。
少しでも、助けたいと思います。





スポンサーサイト

コメント

No title

うちにも中学生の子供がいます。もし猫を拾ってきたらうちで飼えないとしても、何か方法を考えるでしょう。
今回の中学生たちも、自分の母親から、何か学んだのではないでしょうか?命に責任を持つのは大変なことです。
それを教えるのも親の役目ではないでしょうか?
命を大事にしない、今の世の中を思うと特にそう思います。
あっ大ちゃんおさがわせしました。m(__)m

No title

はじめまして。うちの息子が小学生のとき、家に帰るのが遅くなり「何してたの!」って叱ったんです。そうしたら「猫を拾ったんで駅で飼ってくれる人を探してて夜になった」と・・・この記事を読んでそのとき私はどんな態度をとったんだろう?ほめたのか叱ったのか思いだせなくてすごく今気になってます。

No title

私も猫のボランティアのおばちゃんです‥
泣けちゃうほど共感です。同じような話はほんとに数限りなくあって、人って何様なの?と毎日のように感じています。
相談を受け、話をしていても結局は人間側の都合であり
猫のためではなく自分(相談者)のため、そのほとんどの人たちが逆ギレするのですからまいります。
「あなた達ボランティアなんでしょ!なんとかしなさいよ!!」って。
本当はなんとかしてあげたい。けれどすべては無理です。毎日精一杯なのです。あぁ、愚痴になってしまいました‥すみませんi-229

>人の気持ち一つで、消えていくかもしれない命。
>少しでも、助けたいと思います。

私達も同じ思いです。どのこにも生涯の幸せがみつかりますように。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

aineko54

Author:aineko54
訪問ありがとうございます!!

行き場のなくなる猫達を助けるため
現在は、武藤、T、鈴木、が主体となって動いております
こちらのブログでは日々のお世話や猫たちの様子を
綴っています。
コメントにお返事ができず、申し訳ありません。

QRコード
QR
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。