スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月24日・譲渡会の報告

24日土曜日は「愛の森」の譲渡会とフリマでした。
曇り空の少し肌寒い天気。
雨の心配はなさそうだったので、テントも建てません~。
(今日は、Tさんとオバサン二人だけだったので、労力温存(^-^;)

今回の譲渡会では、SOSの猫たちは、写真で参加。

そして・・・お許しを・・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

今回、二人での譲渡会・フリマだったため、写真を撮るのをすっかり忘れ、
文字のみにての報告となってしまいました。
飼い主探し隊さま のブログには、写真いりで紹介されると思いますので、申し訳ありませんが、そちらで様子の確認をお願いいたします~

ご報告~

残念ながら、今回は猫たちにご縁はありませんでした。
でも、ネネちゃん・ゆずちゃんの里親さんが来てくださり、猫たちの近況を聞かせていただき、こうした家族の下にみんな行けるように、がんばろう!と、気合を入れなおしました。

里親のS様、支援物資(猫砂・ドライフード・猫用グッズ)それに支援金までいただき、誠にありがとうございます。

フリーマケットは、8,030円の収益。

これからは、いろいろな所のフリーマーケットに参加して、こうした「家族を待っている猫たちがたくさんいます!」と紹介できないかと、思案しております。
フリーマーケット用品、なにかご家庭に眠っているようでしたら、支援物資として頂けたらと思います。

まだ、こちらには10匹以上の猫たちが、家族とのご縁を預かりさんの下で待っております。
預かりさんの下でケアはされつつありますが、やはり・・そこは仮の宿。
家族の下に届けるためにも、多くの方に知ってもらいたいです。
どうか、よろしくお願いいたします。

こちらでお願いしている猫たちには、縁が結べませんでしたが
平行して私たちが保護している猫には、いいご縁がありました。
少しだけ報告させてください。

10月21日の記事で紹介した、Tさんが保護した子猫に、素敵なご縁が。
そして、当日になりTさんの元にお願いされた子猫にもご縁が。
私の保護している子猫にもお声が掛かりました。
SOSで保護している猫たちだけじゃなく、家族との縁を待っている猫たちはたくさんいます。
ただ、今回のようにあまりにも無責任な「人」によって運命を左右された猫たちは、一日も早く、幸せにしてあげたいと・・・・
その思いでメンバーは、がんばっております。


多くの方たちの支援、ありがとうございます。

日曜に、お見合いの予定が入っております。
どうか、縁が結ばれますように・・・・・・。



譲渡会とフリマのお知らせ

ばたばたして、忘れるところでした~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

20090915175937.jpg10月24日土曜日
「愛の森」にて、飼い主探し隊さんが開く譲渡会に参加します。

今回は急な参加のため、猫たちは写真のみの参加となりますが、皆さんからいただいたフリマ用支援物資が、まだたくさんありますので今後の資金として、フリーマーケットをやります。お近くの方は、見に来てください。逕サ蜒・030_convert_20091008001758


次です!

金太郎と一文字を、あの家から出すことにより、猫たちの道はつながりました。
あとは、この猫たちの本当の家族との縁を見つけ出すことです。
しかし、そう簡単に縁は見つけ出せるものではないでしょう・・・。

13日の救出後、岐阜方面のメンバー宅にてケアをしていた猫たちを、本当の家族がみつかるまで心と身体のケアをしていただける「預かりさん」の下に届けました。
10月


10月13日

少しの間、ケージの中で我慢してね。
すぐに名前も呼んでもらえるようになるからね。


そして、去勢手術の終わった金太郎と一文字は、里親候補さんのお宅に。
「手術後のケアも自分でみます!任せてください。」
そのお言葉に甘えさせていただきました。

どのような状態でいたか解らない金太郎の生活・・・
一文字に関しては、夕方に現場にて30匹以上の猫たちがいた部屋の掃除,ご飯の用意をするときに、主の部屋から一文字を可愛がる声などを聞いていたため「あぁ、一文字はかまってもらえてるんだ…」と・・・しかし、金太郎に話しかける声は聞こえなかった・・・
今だから書けますが、あの時・・・30匹の名前すらない猫たちの世話をしながら、一部の猫のみに愛情?を注ぐ「主」の態度に、(この人って、なんなの!?どの子も可愛いんじゃないのか!?)常識は通じないと解っていても、憎悪を向けそうになりました。そのため、一刻もはやく、猫たちをこの家から出したかったです。

里親候補さん宅にて、いつまでもキャリーから出ようとしない金太郎を、用意してくれていたベットの場所に。
他の猫たちとは違い、触られることを異常に嫌う。
ようやくキャリーから出したと思ったら・・・・
FH000001_convert_20091017022204.jpg

(/--)/アラ・・・・そこは・・・トイレ。
ベットの横に用意してもらってたトイレにすっぽり・・・。(可愛いけど(^-^;))

・・・で、一文字は・・・と、
出せ出せと、キャリーの中で暴れておりましたが、キャリーから出ると、さっさとお家探検。悪さしないと、いいけど~
一文字、里親宅
「猫はダンボール好きだよね~」と、入れるように用意してくれました。
金太郎・一文字のための用意。嬉しいことです。

そして15日、こちらにて手術後の様子をみていた猫の最後の1匹を移動させました。30匹部屋(多くの猫たちの入れられて部屋をそう呼んでいました)のボスだと飼い主が言っていた「ショウ」を滋賀の預かりさんの下に。

ショウ
先住猫ちゃんもいるため、最初はケージに。ちょっとふてくされているショウ君。

しかし、しばらくすると・・・・
ショウ<ダイスケ
用意してもらっていた2段ケージの中で、リラックス。
名前は「だいすけ」くんになるかもです。

「この猫は、この部屋のボスで気が荒いんだ。すぐひっかくし。名前はショウ」
とか、言っていた飼い主・・・・・この猫に、ひっかれれることも、威嚇のシャーシャーも言われること無く、いつもあの部屋に行くと「ゴロゴロ」と言い、頭撫でて~と甘えてきた「ショウ」
連れて行ったことも気が付かず、別の猫を「また、ショウはこの上に居るわ」と、言っていた飼い主!
ショウにも、きっと本当の家族が待っているはずです!
ちゃんと毎日、名前を呼んでくれる家族が。



私の携帯着信欄は、主からの電話連絡でいっぱいです。
着信拒否になっているため、履歴をみると「ゾ~!」とします。
そこまで猫たちに(一部の猫たちですね)に執着をもち、しかし自分の置かれている現状も把握せず・・・・・
そういう人たちにより引き起こされる悲劇。
犠牲は何も言えない猫たち。

悲しみと怒りの中、あそこから救い出した猫たちの幸せを、今度は探していきます。
まだまだ、皆様のお力が必要です。
どうか、よろしくお願いいたします。







失敗!

すみませ~~ん!!
前回の写真で、「ポン」と「クリ」の写真を反対に紹介してしまいました!!
修正してます・・・
預かりさんから、「反対ですよ~~」との、コメントが!
やっぱり大事にみててくれるから、すぐわかるんだね・・・
ごめんなさい。
でも、ありがとう~。本当に、愛情をもってこの猫達に接してくださってるのだと、感じ・・・間違ったことを反省するとともに、嬉しい気持ちもいっぱいです。

10月8日の「報告」記事、訂正です。

あと少し!!

逕サ蜒・115_convert_20091002013647
がらーん・とした部屋、
1ヶ月前は・・・・・・
一部屋にⅡ313

この家には、あと7匹!
逕サ蜒・117_convert_20091002014516
(無造作に置かれた餌の部屋の中残った5匹、
そしてここの主の部屋にいる2匹。
早く、ここから出したい!)


逕サ蜒・120_convert_20091002014011
自分の時間と獣医さんの受け入れ体制を調整しつつ・・・ここ数日、この部屋にいた雄猫たちを移動させていた。
去勢手術の終も終わり、メンバーの鈴木さんのところにいる4匹の猫たちは10月2日、福井に旅立つ。
「ねこさま王国」のありこさんは、自分の愛猫の心配の中、4匹の預かりを申し出てくれた。
あの最悪な環境の中から猫たちは、それぞれ預かりさんの所にいける手配ができつつある。

臭く、汚いこの部屋を出て、この猫たちの幸せの1歩をつくってくださる「預かりさん」の元に。
預かりを申し出てくださった皆様!支援物資・支援金を送ってくださった皆様!
みんなの支援のおかげで、猫たちを連れ出せます。

最初にこの猫たちに会ったときの想い。
「こんなところに、居させたくない!!」

その願いが、もう少しで叶う。
一人ではとても無理なこと。しかし多くの暖かい支援に支えられ、その願いの1歩、
まだ本当の家族ではないけれど、猫たちを愛してくれる人のいる場所に、連れ出すことができる。
一度に全部は出せない。1匹だけの時もあった。
そういう時は、本当に辛かった。どの猫も、簡単にキャリーバッグに入ってくれる。
「ごめんね。ごめんね・・・今度は、君を連れていくから」
いつも、そう言いながらこちらをみている猫たちを後に、預かってくれる人の下に車を走らせた。

早く、全部あそこから出したい。
その気持ちだけで、がんばれる。
そして、あと7匹。手配と自分の時間の調節の中、来週中には全部の猫を、あの場所から連れ出せる予定だ。

預かりさんの下で、人の手の暖かさを。
空腹ですさんだ日々をすごすことなく、どこにしたらいいかわからない汚いトイレをうろつくことなく!
そして、新しい家族と出会えるまで、安心した暮らしを。

支援してしていただいたおかげです。
ありがとうございます。

しかし・・・まだ、この猫たち全部の家ができたわけではないです。
今回、コクシがみつかったように、病気もあるかもしれません。
でも、猫らしい生活をする権利は、どの猫たちにもあるはずです。

10月の3日・4日は、前にお知らせした場所にて、この子達の家族探し、そしてこの子達が安心して暮らせるための資金の一部になろう「フリーマーケット」を開きます。
お近くにお住まいの方は、どうか足を運んでみてください。

来週、最後の猫たちを連れ出しましたら、気合を入れん直して猫たちの家族探しができます。
よく聞く話では、長い毛の猫ちゃんは「気性が荒いよ」と、言われますが・・・
この猫たちは、まったくそんな感じがありません。
「男の子はスプレー行為するから、嫌だ」と、よく言われますが、今回の雄猫たちはスプレー行為はしないと、猫たちが行った先の預かりボランティアさんに聞いております。
とっても人なつくっこい、のどかな猫たちです。
どうぞ、この猫たちの家族になってあげてください。




プロフィール

aineko54

Author:aineko54
訪問ありがとうございます!!

行き場のなくなる猫達を助けるため
現在は、武藤、T、鈴木、が主体となって動いております
こちらのブログでは日々のお世話や猫たちの様子を
綴っています。
コメントにお返事ができず、申し訳ありません。

QRコード
QR
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。