スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいお知らせ♪

ネネちゃん・ゆずちゃん・ココちゃん・仁くんに続き、また本当のお名前が呼ばれる仔たちが生まれました。

青リボン2番・チェックリボン4番・・・そして預かりさんに「ボス」という仮の名前ではあるけれど、ちゃんと名前で呼んでもらえるようになり、そして「メロン」という、本当の名前が!

18
預かりさんの来たころから、な~んか堂々とした感じだったから「ボス」
ところが・・・・・家族に迎えてもらったところ・・・

見て♪
SN3D0219.jpg

【 Tさんこんにちは

トライアル開始から一週間たちましたので
ご連絡差し上げました。

先住猫たちとも
大分慣れてきましたし
私も変わらず
ずっと一緒に暮らしていきたいと思っていますので
正式譲渡でお願いできますか?  】

こんな嬉しいメールが来て、10月22日に正式譲渡になりました。
Tさんからの連絡
「O様のところにトライアル中だった、仮の名ボス君。現在めろん君が正式譲渡となりました。
先住猫さんが3匹いるお宅でしたので、長めのトライアル期間を取らせて頂いておりましたが、丁度1週間目に
「先住猫たちとも大分慣れてきましたし、私も変わらずずっと一緒に暮らして生きたいと思っていますので、正式譲渡でお願いできますか?
よろしくお願いします。」とご連絡を頂きました。
トライアル途中ではありますが、猫達の様子見のトライアル期間設定でしたので、
めろん君がどの子とも難なく馴染んでくれてよかったです!

めろん君を1ヶ月近く預かりケアをしてくださった「あさき」さん。
めろん君を気に入り、ご家族の一員に加えて下さったO様。
本当にありがとうございました。」

先住猫ちゃんがいるので、仲良くできるかな・・・・と、心配しておりましたが

SN3D0216.jpg

SN3D0224.jpg
もう、すっかり仲良しです♪

めろn098

もう、「ボス」ではなく、甘ったれの「メロン」ちゃんです。

そして、10月23日の正式譲渡・・・
金太郎と一文字です。
10月13日の最後の保護日にも、現場にきてくれた里親候補のOさまのお家の仔になりました。
去勢手術後、すぐにケアを兼ねたトライアルということで、様子をみていただいておりましたが、「もう、最初からうちの仔です」と、言っていただいており、この日正式に家族の一員にしていただきました。

一文字 072

一文字はすっかり甘えまくってました。
写真がうまく撮れないので、抱っこしてパチリ★

そして・・・・・金太郎は
逕サ蜒・070_convert_20091023230020
私の姿をみるなり・・・用意してもらっているダンボールにこっそり・・・(・・;)なぜに~~~!・゚・(つД`)・゚・
実は、この場所はO様の従兄弟様のお部屋。前日にO様の家で焼肉パーティを開いたため猫たちがびっくりしないように、従兄弟様のところに非難。
それを聞いて、私は「えっ!?金太郎、連れて行けたんですか!!?」と、聞いてしまいました。
「ええ。連れて行きましたよ」と、普通のお答え・・・
現場から出す時も布団を使い、獣医さんから移動の時もタオルにくるんでキャリーの中に。それなのに、今は普通に移動。
そして・・・私はその時、初めて金太郎のことを撫でました。
あの現場にいた時の金太郎は、側に行くとシャーシャーと威嚇。撫でることはできませんでした。
しかし「大丈夫ですよ。ちゃんと撫でさせますよ」とのO様の言葉に、恐る恐る手を・・・金太郎は、何?って顔で、普通に撫でさせました。
あの時、おびえたようにシャーシャー言っている、猫はもういません。

そして、初めて知りました。金太郎は太ってなんかいなかった・・・
撫でた背中、30匹部屋の猫たちと同じような、ごつごつとした背骨の感触・・・。

ごめんね。
主が「可愛がっている」と言った言葉を信じて・・・・・・・・・・・

もっと早くに、連れ出してやればよかった。

でも、いまはもう大丈夫だね!
逕サ蜒・071_convert_20091023225919

一文字と一緒に、すばらしい家族ができたから!

名前は、そのままの「金太郎」「一文字」です。
でも、今までとは違い、この仔たちのことを気遣ってくれる、やさしい家族の呼びかけの名前です。

金太郎
「好きなようにしてればいいよ」・・・そう言ってくれる家族ができたね。

その仔たちを愛してくれる家族、その姿をみさせていただけるのが、本当に嬉しいです。

一人じゃ「縁」はみつけられません。
「家族との縁結び」どうか皆様のお力をお願いいたします。





嬉しいお知らせ またまた♪

新しい家族ができます。それも二つ♪
一つ目に紹介するYさんは、かなり前から「もう~家族だよ。」と、言われておりましたが、こちらがなかなか正式譲渡の訪問の時間がとれず、10月19日にやっと挨拶にいけました。
メンバーのTさんから

【里親様のお話をさせていただいてから1日も経っていなかったと思います。
「ココちゃんをこのまま我が家に迎えたいのですが、まだ間に合いますか?」とお電話を頂いたのは!
その日が10月1日。
本当なら、もっと早くに正式譲渡の手続きをさせていただかなければいけなかったのですが、何分にも動き回っておりましたので今日まで延び延びになっておりました。

奇しくもココちゃんがY様のお宅に避難をさせていただいてから丁度1ヶ月の10月18日、本当の家族になれました!


ココちゃん、本当に性格の可愛い子で、誰にでも興味津々で擦り寄ってきてくれます。
かと思うと、みんなの輪の中でごろんと横になり撫でて~~コール!
こんなに人懐こく、温厚なふわふわ猫ちゃん、虜にならない方がおかしいですよね。

この子が、ほんの1ヶ月前まで、あの惨状で無表情のまま何の感情もなかった猫と同じ子とはとても思えませんでした。
こんなに温かい腕の中に今この子はいるんだと思うと、思わずこみ上げてくるものがありました。
この瞬間のために、この幸せを見たいがために…報われた気持ちでした。


ココちゃんにはこれから先、幸せのレールが敷かれました。
この幸せのレールに、どの子も乗っていかれますように…

Y様、この先もココちゃんのことをよろしくお願いいたします】

このように嬉しさを、書いてくれました。

預かりさんとして、1ヶ月前にお願いいたしました。
私が最初に、あの30匹部屋から救出した猫です。
あの部屋に行くたびに、擦り寄ってきた仔でした。
8

9月5日につけたブルーのリボン15番、その後チェックのリボン14番・・・そして、いま「ココ」ちゃんという可愛い名前に!

横田夫妻chiz
ココ
Yさん夫妻の真ん中で抱かれ、そして♪とっても甘えた顔♪

そして、10月3日の譲渡会に来てくださり、この仔を!と、言ってくださったTさん。
高橋さん

「まだ、抱っこはあんまり好きじゃないです~」
と、・・・でも!

仁

まぁ!甘えっこです~♪

先住猫ちゃんが、いるからと心配してましたが、「いまは、みんな平気です!一緒に走り回ってますよ」
よかったです!
「こんないい仔を、ありがとうございました。」
と、言われました・・・
とんでもない!
「家族に迎え入れていただき、こんなに幸せな仔にしていただき、ありがとうございました」

10
スーパーの籠に入っていた仔

「仁」という、かっこいい名前です。
じん

ニャーニャー草と、おもちゃと・・・綺麗な床の上でまったりです♪

こうしたお知らせができること、本当に幸せです。

嬉しいお知らせが、またできることを願いたいです。

預かりさんのもと、もう飢えること・体中毛玉だらけになり毛がごっそり抜けることもなくなりました。やさしい手にも触れられます。

でも、家族としてその仔だけに呼びかけられる名前はありません。

皆さんの支援を、今度はこの仔たちの家族探しに!
どうか、よろしくお願いいたします。










悲しさから嬉しさに

今日はとてもいい日でした。
レスキューが始まって1ヶ月と2週間、私たちが夢みていた「本当の家族」の報告ができる日がやってきました。
ピンクのリボンナンバー14・17・・・名もなかった猫が、預かりさんの下で14番から「よもぎ」になり17番から「しらたま」になり、そして今日正式に「ゆず」「ネネ」という、一生変わらないであろう名前になりました。
里親さんのお宅に行き、正式譲渡。本当に暖かい家族。
「ゆず」と「ネネ」は、もうず~と前から、そこの家の子みたいでした。
「「縁」があって、うちの子になってくれました」
「うちを猫たちが選んでくれて、嬉しいです」
このように話してくれました。

ご家族の了承のもと「顔、だしてもいいです」とのことですので、家族の一員になった猫たちを見てください。
さかいさん家族

いろいろお話をさせていただく中、
すごく、嬉しくて…泣いてしまいました(恥ずかったですが、本当に嬉しかったんです(^-^;)

ネネ
すっかりくつろぐ「ネネ」

ゆず
夜に備えて(猫は夜型ですからね~)お気に入りの場所で、お昼寝の「ゆず」

逕サ蜒・058_convert_20091011014224
すっかり、仲良し♪

・・・・・・これが、「猫」ですよね!?

その猫たちに注がれる愛情、その猫達だけの「名前」
そのために、やっています。
いま、一つ!夢が叶いました。
ありがとうございます。

まだ、多くの猫たちが「縁」をみつけられていません。
しかし、きっとここのご家族のような暖かい「縁」があると信じ、がんばります。

左手の傷も癒えました。13日には「金太郎」「一文字」出します。
その猫たち2匹を、あの現場から出すことで「猫たちを助けたい」という最初の目標の実現です!
そして、次はこの猫たちを全部「本当の家」に送り届けるのが次の目標です。

里親さんの下にたどり着いた猫たちを、どんどん紹介していくことができるよう、支援・応援してくれる皆さんのお力を借りながら、がんばります。



プロフィール

aineko54

Author:aineko54
訪問ありがとうございます!!

行き場のなくなる猫達を助けるため
現在は、武藤、T、鈴木、が主体となって動いております
こちらのブログでは日々のお世話や猫たちの様子を
綴っています。
コメントにお返事ができず、申し訳ありません。

QRコード
QR
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。